2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iPhone15シリーズ用OLEDのサプライヤー別受注割合に変化生じる?

    iPhone15 Pro Max AH 1200

    iPhone15 Pro Max AH 1200
     
    iPhone15シリーズ用有機EL(OLED)ディスプレイパネルの供給において、LG Displayの供給割合が大幅に増えると韓国メディアが報じました。

    iPhone15 Proシリーズ用OLEDディスプレイパネルを供給増見込み

    iPhone15シリーズ用OLEDディスプレイパネルについてもこれまで同様、Samsung Displayが最多数を供給する見通しですが、LG Displayも供給数を増やし、iPhone14シリーズ用OLEDディスプレイパネルの供給数と比較し50%増になるとET Newsが伝えています。
     
    また、LG DisplayはiPhone15 Proシリーズ用の低温多結晶酸化物(LTPO:Low Temperature Polycrystalline Oxide)ディスプレイパネルの受注割合が増えたことから、iPhone15およびiPhone15 Plus用の低温ポリシリコン(LTPS)ディスプレイパネルよりも卸価格を高く設定できることから、同社の利益額増加へも貢献しそうです。

    年内に9,000万台のiPhone15シリーズ製造計画か

    ET Newsによれば、Appleは年内に9,000万台のiPhone15シリーズを製造する予定で、そのうちiPhone15 Proシリーズが占める割合は60%が見込まれるとのことです。
     
    このうち、LG DisplayはiPhone15 Proシリーズ用OLEDディスプレイを3,000万枚以上供給する可能性があると、同メディアは予想しています。
     
     
    Source:ET News
    Photo:Apple Hub/Facebook
    (FT729)
     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次