iPhone17 Pro用画面下埋込み型Face ID開発に向け本格始動か〜特許出願

    iPhone16 render RS

    iPhone16 render RS
     
    iPhone17 Proシリーズには画面下埋込み型Face IDが搭載され、フロントカメラ周りのデザインはDynamic Island(長円+丸型)から、丸型のパンチホールに変更されると噂されています。
     
    これを実現するための核となる、画面下埋込み型Face ID機構の実装に向けて、Appleが新たな特許を出願しました。

    2017年に買収した企業による量子ドット薄膜赤外線センサー

    米国特許商標庁(USPTO)に現地時間2023年3月23日に出願された特許の名称は、「量子ドット薄膜赤外線センサーを搭載した電子機器」です。
     
    Appleは2017年に、量子ドット薄膜赤外線センサー技術を有するInVisage Technologiesを買収しています。
     
    今回の特許はいよいよ、InVisage Technologiesが有していた技術をApple製品に展開することを目的としたものと考えられます。

    画面下埋込み型Face IDやTouch ID実現に繋がり得る技術

    特許には、量子ドット薄膜赤外線センサー(下記図表3の24)はディスプレイの画素を透過する赤外線を放出し、物体(46)に当たって反射した赤外線を受光部(44)で捉えると記されています。
     
    Patently Appleは対象となる物体について、ユーザーの顔面でも指紋でも良いと述べています。
     
    このことから、本センサーはiPhone17 Proシリーズにおける画面下埋込み型Face ID実現のための重要な部品となる可能性があります。
     
    また、量子ドット薄膜赤外線センサーを用いた物体認識がうまく動作すれば、将来的に画面下埋込み型Touch IDも実現するかもしれません。
     
    Quantum dot sensor patent_1200
     
     
    Source:USPTO via Patently Apple
    Photo:RendersByShailesh(@Shaileshhari03)/Twitter
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次