2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iPhone15 ProシリーズのRAM容量は8GBとの予測再び〜6GBから増加か

    iPhone15 Pro 8GB LPDDR5

    iPhone15 Pro 8GB LPDDR5
     
    iPhone15 ProおよびiPhone15 Pro MaxのRAM容量は8GBと、iPhone14 ProおよびiPhone14 Pro Maxの6GBと比べて2GB増加するとの予測が再び伝えられました。
     
    iPhone Maniaでは、iPhone15シリーズに関する噂をまとめ記事にて随時発信しています。今回の記事以外の情報は、下記にてご確認下さい。
     
    iPhone15/15 Proシリーズはこうなる!?最新の噂まとめ

    注目はRAMの規格

    iPhone15 ProおよびiPhone15 Pro MaxのRAM容量は8GBとの予測は2022年10月に伝えられており、今回のTrendForceの予測はその信憑性を高めるものになります。
     
    ただし気になるのは、10月に伝えたMyDriversが8GB LPDDR5X RAMを搭載するとしていたのに対し、TrendForceは8GB LPDDR5 RAMと予測しており規格が異なる点です。

    LPDDR5から1年でLPDDR5Xに切り替えるとは思えないが

    AppleがLPDDR4XからLPDDR5に切り替えたのは、2022年モデルのiPhone14 Proシリーズです。
     
    それ以前は、iPhone8以降の全てのモデルがLPDDR4Xを採用していました(こちらの記事参照)。
     
    これまでのRAM規格変更と増加の歴史を考えると、LPDDR5採用からわずか1年でLPDDR5Xに移行する可能性は低く、LPDDR5を採用するように思われます。
     
     
    Source:TrendForce via MacRumors
    Photo:Apple(米国)
    (FT729)
     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次