2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Apple Watch向けMicrosoft Authenticator、提供終了

    Microsoft Authenticator

    Microsoft Authenticator
     
    Microsoftは現地時間2月6日、2段階認証アプリ「Microsoft Authenticator」のアップデートを公開しました。これにより、このアプリはApple Watchでは利用できなくなります。

    Apple Watchでは利用不可に

    今回のアップデートのリリースノートには、「この更新プログラムを適用すると、Apple WatchからMicrosoft Authenticatorが削除されます」と記されています。なお、Apple Watchの通知設定では引き続き、AuthenticatorからのiPhoneアラートのApple Watchへのミラーリングを選択できるということです。
     
    iOS向けMicrosoft Authenticatorは、主に2段階認証を有効にしたMicrosoftアカウントへのログインに使用されていましたが、2018年にApple Watch向けのコンパニオンアプリが登場しました。その後、Microsoftはサポートページにおいて、2023年1月にリリース予定のiOS向けMicrosoft Authenticatorアプリのアップデートで、watchOS向けコンパニオンアプリを削除することを明らかにしています。
     
    同社によると、Apple WatchのOSがAuthenticatorのセキュリティ機能と互換性がないため、watchOS向けアプリの廃止を決定したということです。

    ここ数年で廃止されたサードパーティー製watchOSアプリ

    Apple Watch向けMicrosoft Authenticatorは、冗長性、またはユーザーからの支持の低さから、ここ数年で廃止されたサードパーティー製watchOS向けアプリのリストに加わることになりました。
     
    他にも、TwitterInstagram、Target、Trello、Slack、Hulu、UberなどのApple Watch向けアプリが廃止されています。
     
    なお、iPhoneやiPadでは引き続きMicrosoft Authenticatorアプリを利用できます。
     

    Microsoft AuthenticatorMicrosoft Authenticator
    カテゴリ:仕事効率化
    現在の価格:無料

    ※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。
     
     
    Source:Microsoft Authenticator/App Store via MacRumors
    Photo:MacRumors
    (m7000)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次