M2 Maxの動作周波数が14インチMBPと16インチMBPで異なるのを確認

M2 Max geekbench 5_4_1200
 
M2 Maxの動作周波数は、14インチMacBook Proと16インチMacBook Proで異なるとのことなので、Geekbench 5ベンチマークスコアを確認してみました。
 
結果、M2 Maxの動作周波数は、14インチMacBook Proが最高3.49GHz、16インチMacBook Proが最高3.68GHzと表示されています。

動作周波数の違いとベンチマークスコア

両モデルのGeekbench 5ベンチマークスコアともばらつきがあるので、2023年1月28日午後1時30分時点の最も高いであろうもので比較してみました。
 
結果は以下の通りです。
 

M2 Max 14インチMacBook Pro 16インチMacBook Pro
シングルコア 1,965 2,074
マルチコア 15,377 15,565
動作周波数 3.49GHz 3.68GHz
RAM 32GB 64GB

A15 Bionicは動作周波数とGPUコア数違いで3種類

M2 Maxが搭載モデルで動作周波数が異なる理由は不明ですが、16インチモデルは筐体が大きい分、冷却能力に余裕があることで高く設定されているのかもしれません。
 
また、AppleはA15 Bionicにおいて、iPhone13 Proシリーズに搭載されたものとiPad mini 6に搭載されたものとで動作周波数を変えているのが報告されていました。
 
こちらの場合、製造数が多いA15 Bionicにおいて、5コアGPU搭載の標準版をiPhone13 Proシリーズに、4コアGPU搭載の標準版をiPhone13シリーズに、5コアGPU搭載の動作周波数が低いものをiPad mini 6に搭載するなど上手く選別することで、歩留まりを向上させていると予想されていました。
 
M2 Max geekbench 5_1
 
M2 Max geekbench 5_2
 
 
Source:AAPL Ch.,Geekbench 5 (1),(2)
Photo:Apple(米国)
(FT729)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

特集

[PR]オフィシャルサイト

目次