Google親会社Alphabet、12,000人をレイオフ

    Alphabet_Inc_Logo_2015.svg

    Alphabet_Inc_Logo_2015.svg
     
    Googleの親会社であるAlphabetが、現地時間2023年1月20日、従業員の約6%に相当する12,000人をレイオフすることを明らかにしました。

    「全面的に責任を負う」とピチャイCEO

    Alphabetの最高経営責任者(CEO)であるサンダー・ピチャイ氏は従業員に向けたメモにおいて、ここ数年急速に従業員数を増やしてきたものの、現在は経済的に困難な状況にあり、人員削減をせざるを得なくなった、と記しています。
     
    またピチャイCEOは今回の12,000人レイオフという決断について、自分が全面的に責任を負うとも述べています。

    米国だけではなく世界全体でレイオフ実施

    Alphabetの人員削減は、採用や基幹業務に関わる部門、またエンジニアリングや製品部門にも及ぶ見通しで、米国だけでなく世界全体で行われるとのことです。
     
    削減の対象者にはすでにメールで通知されている模様です。

    IT大手でレイオフしていないのはAppleのみに

    IT大手ではつい最近、Microsoftも1万人のレイオフを明らかにしたばかりです。
     
    Meta、Amazonもすでにレイオフを発表しており、米系のIT大手でレイオフを行っていないのはAppleのみとなっています。

     
     
    Source:Reuters via CNBC
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次