2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Microsoftが11,000人解雇検討と報道〜全従業員のうちの5%

    Microsoft Redmond

    Microsoft Redmond
     
    Microsoftが、全従業員の5%にあたる約11,000人を解雇すると、Sky Newsが報じました。本件に詳しい関係者は、解雇される人数は今後更に増える可能性があると述べています。

    22万人の従業員のうち、5%の解雇を検討か

    世界的に経済の先行きが不透明な中、Microsoft人員削減を検討しているようです。
     
    Sky Newsによれば、Microsoftが検討している人員削減計画では、全従業員数、約22万人のうちの5%に相当する約11,000人の解雇を検討しているとのことです。
     
    解雇する人数は2022年10月にMetaが実施した人員削減計画と同規模ですが、あちらが13%だったのに対し、Microsoftは5%で踏みとどまる見込みです。
     
    TechPowerUpは本件について、Microsoftがこの方針を最終決定した場合、サティア・ナデラ会長兼最高経営責任者(CEO)が、現地時間2023年1月24日に正式発表すると伝えています。

    Azureクラウドサービスへの投資の原資確保のためか

    Microsoftが人員削減に取り組む理由についてTechPowerUpは、WindowsやOfficeなど高いシェアを誇るコンシューマー分野の売上低迷を補うためには、Azureクラウドサービスへの一層の投資が必要であり、その原資を確保するためには人件費削減に着手せざるを得ないと述べています。
     
     
    Source:Sky News via TechPowerUp
    Photo:Microsoft
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次