2023年1月13日 01時00分

読了まで 152

iPhone13/14用A15 Bionicの発注数削減か〜TSMCの稼働率低下予測

iPhone14 A15 Bionic


 
とAMDが発注数を減らしたことで、両社から半導体製造を受託しているTSMCの半導体製造ラインの稼働率が70%に低下するとDigiTimesが報じました。

AppleとAMDが発注数を削減

DigiTimesが業界関係者から入手した情報によれば、TSMCの5nmプロセスおよび4nmプロセス(改良型5nmプロセス)の稼働率は、2023年第1四半期(1月〜3月)に従来の90%から70%に低下する可能性が高いとのことです。
 
TSMCの5nmプロセスおよび4nmプロセスでは、が搭載する Bionicが製造されています。
 
また、需要に対して供給が追いついていなかったiPhone14 Proシリーズの品薄もまもなく解消される可能性が高いことから、 Bionicの受注残も少なくなると予想されます。

A17 Bionicは3nmプロセスに移行見込み

後継チップとなるiPhone15 Proシリーズ用A17 Bionicは3nmプロセスで製造される見通しであることから、今後は4nmプロセスでのシステム・オン・チップ(SoC)製造を委託しているQualcommMediaTekの発注数が、稼働率に影響しそうです。
 
ただし、Androidスマホの販売も低迷していることから、稼働率が以前の状態に戻るには今しばらく時間がかかりそうです。
 
 
Source:DigiTimes
Photo:Apple(米国)
(FT729)
 
 

カテゴリ : iPhone14, 最新情報   タグ : , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる