2023年1月4日 00時15分

読了まで 159

iPhone14 Proシリーズ生産ラインの稼働率が90%まで回復〜在庫不足解消へ

iPhone14 Pro AC 1204_1200


 
Bloombergが、鄭州工場シリーズ生産ラインの稼働率が90%まで回復したと報じました。

フル生産時の目標人数に到達

新型コロナウイルス感染症再流行により、稼働率の極端な低下および従業員の大量退職に直面したFoxconn鄭州工場では、iPhone14 Proシリーズの生産台数が減少したことで、オンラインストアでのお届け予定日までの待ち日数が最長「5週〜6週」に延びていました。
 
その後、同社は従業員募集を再開し、出勤状況に応じた特別ボーナスを支払うなどで定着率が向上、増員に成功しつつあり、現在の従業員数は約20万人とフル生産時の目標人数まで回復しました。
 
それに伴い、iPhone14 Proシリーズ生産ラインの稼働率も90%まで回復しています。

3月末までに在庫不足が解消されると予想

2023年1月3日時点で、AppleオンラインストアでのiPhone14 Proシリーズのお届け予定日までの待ち日数は「2週〜3週」で、昨年末と変わりません。
 
ただし、2022年1月7日のiPhone13 Proシリーズのお届け予定日までの待ち日数は「あり(基本的に当日出荷)」だったことから、それと比較するとiPhone14 Proシリーズが届けられるまでかなり待たされる状況に変わりありません。
 
IT之家は、iPhone14 Proシリーズの在庫状況が改善されiPhone13 Proシリーズ並になる時期を、2023年第1四半期(1月〜3月)中と予想していました。
 
 
Source:Bloomberg
Photo:Apple Cycle(@theapplecycle)/Twitter
(FT729)
 
 

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる