2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    AirTagの最新ファームウェアのアップデートの内容が明らかに

    airtag

    airtag
     
    現地時間12月12日付けに公開された、Appleの紛失防止タグAirTagの最新ファームウェア「バージョン2.0.36」のアップデート内容が判明しました。

    加速度センサーの問題を解決

    海外旅行の際のスーツケースの追跡など、様々なシーンで活躍するAirTagですが、一方でストーカー行為に悪用されるケースも米国を中心に多数報告されています。
     
    AppleはAirTagのファームウェアアップデートで、望まない追跡がわかったときの警告音を大きくするなど、追加のセキュリティ対策を講じてきましたが、先日公開された新たなファームウェア「バージョン2.0.36具体的なアップデート内容がわかりました。
     
    Appleのサポートページの記載によれば、最新アップデートで「特定のシナリオで加速度センサーが作動しない問題を解決した」とのことでです。

    AirTagのファームウェアアップデートは容易でない?

    AirTagのファームウェアを更新する直接的な方法は存在せず、デバイスはiPhoneの範囲内にあるときに自動的にアップデートされるようになっています。また、AirTagのファームウェアアップデートは段階的に行われるため、すべてのユーザーが同時にアップデートを受けられるというわけではないようです。
     
    ユーザーは、「探す」アプリでAirTagの名前をタップすることで、自分のAirTagのファームウェアバージョンを確認することが可能です。
     
     
    Source:Apple via 9to5Mac
    Photo:Apple
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次