Appleサプライヤー候補含む36社が新たに米禁輸措置リスト入り

YMTC

YMTC
 
一時期はAppleサプライヤー候補として名前が挙がっていた中国のNANDフラッシュメモリチップメーカーを含む36社が、2022年12月15日に米商務省産業安全保障局(BIS)のエンティティリスト(禁輸措置対象のリスト)に追加されたと、台湾メディアDigiTimesが報じています。

Apple、YMTCからの調達を検討していたが

AppleはiPhone用フラッシュメモリを、Yangtze Memory Technologies(YMTC)から調達することを検討していました。
 
しかし3D NANDフラッシュメモリを中国の国営企業であるYMTCから調達することに対し、複数の米議員が「セキュリティ上の懸念がある」として反対。そして10月にはYMTCが「未検証リスト(UVL)」に追加され、その後同リストからは削除されたものの、12月にはエンティティリストに掲載されたことで、YMTCがAppleサプライヤーとなる可能性は完全に絶たれました

日本拠点のYMTCも禁輸対象に

YMTCについては、中国本土の本社に加え、日本の子会社もエンティティリストに追加されています。
 
DigiTimesが入手した情報によると、YMTCがエンティティリストに追加された理由は、すでに同リストに掲載されているHuaweiの半導体サプライチェーンに含まれているからとのことです。

 
 
Source:DigiTimes
Photo:YMTC
(lunatic)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

特集

[PR]オフィシャルサイト

目次