iPhone15の広角カメラとiPhone15 Proの望遠カメラが大幅改善期待

    iPhone15 Pro KM_1

    iPhone15 Pro KM_1
     
    台湾メディアDigiTimesが、iPhoneのカメラ用レンズサプライヤーは、2023年にカメラのアップグレードにより売上高が大幅に増加すると予測していると報じました。

    広角カメラと望遠カメラがアップグレードと噂

    iPhone15シリーズでは、iPhone15とiPhone15 Plusのリア広角カメラの画素数が、4,800万画素にアップグレードされると噂されています。
     
    また、iPhone15 ProとiPhone15 Pro MaxiPhone15 Ultraとの噂もあり)には、光学10倍ズームに対応するペリスコープレンズ搭載リア望遠カメラが採用されると予想されています。

    レンズサプライヤー2社の売上高が大幅増加見込み

    iPhone15シリーズのカメラがアップグレードされることにより、カメラ用レンズを供給中のLargan PrecisionGenius Electronic Optical(GSEO)の売上高は、2023年に大幅に増加する見通しです。
     
    特に、Largan Precisionペリスコープレンズを供給するとみられており、同レンズの単価の高さが売上高増加に貢献しそうです。
     
     
    Source:DigiTimes
    Photo:Konstantin Milenin(@mi_konstantin)/Twitter
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次