iPhone14 Proシリーズの出荷遅延改善傾向も、Appleの売上高への影響は?

    iPhone14 Pro Max AD 1101 1200

    iPhone14 Pro Max AD 1101 1200
     
    Loup Venturesのアナリストであるジーン・マンスター氏が、iPhone14 Proシリーズの製造・出荷台数不足によるAppleの売上高への影響を伝えています。

    昨年同時期のProシリーズの納期は5日以内だった

    iPhone14 Proシリーズのお届け予定日までの待ち時間は、しばらくの間「5週〜6週」だったのが、今週になって「4週〜5週」へと短くなりました。
     
    しかし、昨年の同時期のiPhone13 Proシリーズのお届け予定日までの待ち時間は5日以内だったため、それと比べればかなり長い状況が続いています。

    月間売上高の約22%を占めるiPhone14 Proシリーズ

    マンスター氏は、iPhone14 Proシリーズの2022年12月の売上高は、Appleの全製品の売上高の約22%を占めると予測しています。
     
    同氏は、iPhone14 Proシリーズのお届け予定日が3週間遅れるだけでも、計算上はAppleの2022年12月の売上高が4.5%減少すると述べています。
     
    同氏の指摘通りであれば、「4週〜5週」へと短くなったとしても、さらに改善が必要ということになります。
     
     
    Source:Loup via MacDailyNews
    Photo:Appledsign/Facebook
    (FT729)
     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次