iPhone14 Proシリーズの納期遅れ、2023年1月中旬から改善か

iPhone14 Pro AD 1130_1200

iPhone14 Pro AD 1130_1200
 
Reutersが、iPhone14 Proシリーズを製造しているFoxconn鄭州工場は2022年12月下旬〜2023年1月上旬にフル稼働すると報じました。

予定より1カ月遅れでフル稼働見込み

新型コロナウイルス感染症の再流行による混乱により、iPhone14シリーズの製造ラインが停止寸前まで至っていたFoxconn鄭州工場は、2022年11月下旬にフル稼働する予定でした。
 
しかし、新たに雇用した従業員とのトラブルにより、未だにフル稼働できない状況が続いています。
 
Foxconn鄭州工場iPhone14 Proシリーズの製造を独占受注していたため、同シリーズのお届け予定日は「2週〜3週」まで短縮されたにも関わらず、混乱が発生した後は「5週〜6週」に延びています

2023年1月中旬にはiPhone14 Proシリーズの出荷台数増加か

Reutersによれば、従業員の採用活動が順調に進めば、Foxconn鄭州工場は2022年12月下旬〜2023年1月上旬にフル稼働にこぎつけられる見通しとのことです。
 
Appleは、iPhone14 Proシリーズの製造・出荷台数不足を補うため、PegatronとLuxshare Precisionにも製造を委託したとの報道もあります。
 
Reutersの報道通りにiPhone14 Proシリーズの製造が順調に進めば、2023年1月中旬には出荷台数が増加し、お届け予定日までの待ち時間が短縮されることが期待できます。
 
 
Source:Reuters
Photo:Appledsign/Facebook
(FT729)
 
 

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

特集

目次