2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    AppleのAR/VRヘッドセットの出荷時期が延期、いつになる?出荷台数も減少か

    Reality Pro headset AH_1200

    Reality Pro headset AH_1200
     
    アナリストのミンチー・クオ氏が、Appleの拡張現実(AR)/仮想現実(VR)ヘッドセットの出荷時期と出荷台数に関する予想を伝えました。

    発売時期が来年7月以降になる可能性

    クオ氏は以前、Appleが2023年第2四半期(4月〜6月)にAR/VRヘッドセットを出荷開始すると予想していました。
     
    クオ氏は今回、AR/VRヘッドセットの製品出荷開始時期について、2023年下半期(7月〜12月)に延期される可能性があると伝えています。
     
    また、2023年のAR/VRヘッドセットの出荷台数を80万台〜120万台と見積もっていましたが、50万台未満になることも考えられるとクオ氏は述べています。
     
    クオ氏は2023年1月としていたAR/VRヘッドセット発表イベント開催時期に関する予想を変更していませんが、今後、確認が必要とのことです。

    AR/VRヘッドセット関連部品のサプライヤー

    AR/VRヘッドセットの出荷開始時期の遅れは、光学機器関連サプライヤーの業績にも影響します。
     
    同製品の主なサプライヤーは、Largan Precision(レンズ)、Genius Electronic Optical(GSEO、パンケーキレンズ)、Cowell(カメラモジュール)、Primax Electronics(視線トラッキングモジュール)で、関連部品の出荷が早ければ2023年第1四半期(1月〜3月)に開始されると、クオ氏は予想しています。
     


     
     
    Source:郭明錤(@mingchikuo)/Twitter
    Photo:Apple Hub/Facebook
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次