Apple Car用充電関連部品をLGが2023年に受注する可能性〜工場を再整備

Apple Car AH

Apple Car AH
 
The Bellが、LGが2023年にApple Car用充電関連部品を受注、以前スマートフォンを製造していた工場を、電気自動車(EV)用充電機器関連部品製造工場として再整備すると報じました。

Apple Car用充電関連部品を供給か

LGは現在、EV用充電ステーション、EVとの接続用充電ケーブル、接続用コネクタの量産を目指しており、これらの製品を通じてApple Carのサプライチェーンに参入する可能性があると、The Bellは伝えています。
 
LGは現在、EV用バッテリー市場でシェア14%を獲得、CATLに次ぐ世界第2位のメーカーとなっています。

iPhone用部品供給を通じたAppleとの関係が有利に?

KB証券のアナリスト、キム・ドンウォン氏は、EV関連部品メーカー各社がApple Car用部品の受注を目指し活動していると述べています。
 
LGはグループ企業を通じ、iPhone用の有機ELディスプレイカメラモジュールを供給しているため、Appleとのそうした関係性を活かし、Apple Car用部品を受注できる可能性があります。
 
 
Source:The Bell via Notebookcheck
Photo:Apple Hub/Twitter
(FT729)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

特集

[PR]オフィシャルサイト

目次