2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Appleのデバイス解析、個人を特定可能な情報を含んでいた〜Appleの説明と相違

    iCloud

    iCloud
     
    セキュリティ研究家が、Appleの「デバイス解析」を調べた結果、個人を特定可能なデータが含まれていることがわかったと報告しています。
     
    一方Appleは公式に、デバイス解析には個人が特定される情報は含まれていないと述べています。

    「dsId」が含まれることを発見

    セキュリティ研究家のトミー・ミスク氏とタラル・ハジュ・バクリー氏は、Appleのデバイス解析データに「dsId(Directory Services Indentifier)」というIDが含まれていることを発見しました。
     
    このdsIdは、iCloudアカウントごとに異なるIDであるため、ユーザーの名前、生年月日、メールアドレス、その他iCloudに保存されている情報を導き出すことが可能だと、両氏は指摘しています。
     

    「デバイス解析とプライバシー」

    Appleは「デバイス解析とプライバシー」のページにおいて、次のように記しています。
     

    iPhone解析には、ハードウェアおよびオペレーションシステムの仕様に関する詳細、パフォーマンスの統計情報、および各デバイスとAppの使用状況に関するデータが含まれます。収集された情報によって個人が特定されることはありません。
     
    (中略)
     
    同じiCloudアカウントを使用する複数のデバイスからAppleに解析情報を送信することに同意した場合、エンドツーエンドの暗号化を使用して同期することにより、デバイス間でApple Appに関する一部の使用データを関連付ける場合があります。Appleは個人を特定しない形式でこれを行います。

     
     
    Source:MacRumors,Apple(デバイス解析とプライバシー)
    Photo:Apple
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次