2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Twitter Blue、新規アカウント作成後90日間は加入不可に。悪用対策か

    Twitter ロゴ

    Twitter ロゴ
     
    Twitterは、同社の「About Twitter Blue」のページを更新し、新規アカウント作成後、90日間はTwitter Blueに加入できないという新たなルールを追加しました。これは、認証バッジ(青のチェックマーク)の悪用対策の一環だとみられています。

    90日の待機期間を設ける

    「About Twitter Blue」のページには、「新規作成されたTwitterアカウントは、90日間、Twitter Blueに登録できません。また、今後、当社の裁量により、予告なく新規アカウントに待機期間を設けることがあります」と記載されています。
     
    これにより理論的には、なりすましアカウントの作成を制限することができます。認証バッジを得るためには3カ月待つ必要があるため、悪用しようと行動を起こす時に、思いつきで実行するよりも大きな覚悟が必要になり、それが抑止力につながると考えられます。
     
    現在、Twitter Blueの受付は停止されていますが、Twitterのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、現地時間11月29日に再開するとしており、90日間の制限があることで、即時認証の悪用目的でアカウントを作成する人の問題は2023年3月まで先送りされます。これにより、Twitter Blueの受付が再開される際に、認証バッジの悪用が少なくともある程度は減ると思われます。しかし、既に存在するアカウントが認証バッジを購入し、他人になりすますことを防ぐことはできません。
     
     
    Source:Twitter,The Verge(1),(2) via 9to5Mac
    (m7000)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次