2022年11月10日 13時45分

読了まで 24

OLED搭載Studio Display開発か〜SamsungのQD-OLED採用?

Apple Display 1200


 
韓国メディアThe Elecが、Samsung Displayはの外部モニターへの供給を目指し、量子ドット(QD:Quantum Dot)-有機EL(パネルの生産拡大を検討していると報じました。

OLED搭載Apple Studio Display向けに開発か

UBI Researchが現地時間2022年11月9日に開催したセミナーで、Samsung Displayが新設するA5工場で、QD-OLEDディスプレイパネルの生産拡大を検討していると伝えました。
 
A5工場では、第8.6世代(2,250ミリ x 2,600ミリ)基板を用いたQD-OLEDディスプレイパネルを生産予定で、主要製品は27インチモニターになる見通しです。
 
27インチモニターとはApple Studio Displayのことで、Samsung Displayは同ディスプレイへのQD-OLEDディスプレイパネルの供給を計画していると、Notebookcheckは述べています。

iPad ProとMacBook Pro向けOLEDディスプレイパネルも開発中

Samsung Displayは当初、A5工場において2層・スタック型OLEDディスプレイパネルの生産を計画していたようですが、QD-OLEDディスプレイパネルのほうが収益性が高いと判断し、変更したようです。
 
UBI Researchは、Samsung Displayは外部モニター用途としてQD-OLEDディスプレイパネルを、ラップトップやタブレット向けに2層・スタック型OLEDディスプレイパネルを供給する可能性が高いと伝えています。
 
2層・スタック型OLEDディスプレイパネルは、2024年モデルのiPad Proと、2025年モデルのMacBook Proに搭載されると噂されています。
 
なお、2層・スタック型OLEDディスプレイパネルの生産は、既存の「L8」で行われるようです。
 
 
Source:The Elec via Notebookcheck
Photo:Apple
(FT729)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる