2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Apple製品が多すぎる〜選択が簡単という魅力が失われた?

    iPad lineup

    iPad lineup
     
    Appleの製品ラインアップが増えて複雑になり、「製品カテゴリーがわかりやすく、選びやすい」という、以前のAppleの魅力が失われたと、米メディアThe Vergeの記者が苦言を呈しています。

    どのiPadを選ぶべきかがわからない

    The Vergeの記者、ビクトリア・ソン氏は、現在愛用しているiPad(第6世代)に特に不満はないものの、もう少し軽量で処理速度の速い、新しいiPadを買おうと決めました。
     
    そこでAppleのWebサイトを改めて確認しました。現在Appleからは、最新のiPad(第10世代)、そしてiPad(第9世代)に加えiPad miniとiPad Airが購入可能です。ソン氏にとって検討対象ではありませんが、11インチと12.9インチのiPad Proもあります。
     
    ちなみにソン氏はガジェット・リビューワーであり、購入するiPadはすぐに決められると自信を持っていました。ところが改めてiPadのスペックや価格をチェックしているうちに、その自信を失ってしまったそうです。

    10年前にはこんな風に悩まなかった

    同僚にも指摘されたとおり、449ドル〜(日本では68,800円〜)のiPad(第10世代)は、エントリーレベルとしては高すぎると感じました。
     
    また趣味のカリグラフィーのためだけに、USB-C – Apple Pencilアダプタにお金を使いたくないという思いもあります。
     
    手持ちのiPad(第6世代)より高速、軽量かつケース色が選べるモデルとなると、iPad AirかiPad miniということになりますが、問題は両iPadともにiPad(第10世代)よりも高額だということです。
     
    価格はソン氏にとって非常に重要なポイントなので、それを重視するとなると、残る選択肢はiPad(第9世代)のみでした。しかしiPad(第9世代)はiPad(第6世代)と比べてそれほど大きな性能向上を感じられないため、結局iPad購入を見送ったそうです。
     
    ソン氏は今年、iPhone14シリーズへの買い替えの際にも、同様のジレンマに陥ったと告白、「10年前にはこんな風に悩まなかった」と述べています。

    ラインアップがシンプルでなくなったApple

    かつてのAppleの魅力は、選択肢が山程あるWindows PCやAndroid端末と比べ、ラインアップがシンプルでわかりやすいことだった、とソン氏は続けます。
     
    事実、Appleはたしかに「ラインアップがシンプルであること」をウリにしていました。2012年の米メディアBloombergのインタビューに対し、ティム・クック最高経営責任者(CEO)は次のように発言しています。

     

    このテーブルには当社が製造しているほぼすべての製品が並んでいます。4個のiPod、2つのiPhone、2つのiPad。あとは数台のMac。これだけです。我々は何を作るべきか、必死に意見を戦わせます。優れた製品はそんなにいくつも作れないとわかっているからです。たくさんのものを作るからといって、それらが本当に優れた、楽しいものであるとは限りません。
     
    少数のものだけに絞って作るというのが当社の基本原則です。世の中に大きく貢献できるものだけを作ります。

     
     
    Source:The Verge
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次