iPad(第10世代)のUSB-C、データ転送速度はLightningと同等と判明

    Apple iPad(第10世代)

    Apple iPad(第10世代)
     
    10月26日に販売が開始されたiPad(第10世代)に搭載されたUSB-Cポートは、最大データ転送速度が480MbpsのUSB 2.0規格で、同じUSB-CポートでもiPad Pro、iPad Air、iPad miniと比べてデータ転送速度が大幅に遅いことが分かりました。

    データ転送速度はLightningと同じ

    デザインが刷新され、鮮やかな4色のカラーバリエーションが用意されiPad(第10世代)は、10月26日に販売が開始されました。
     
    同モデルは、充電やデータ転送に使用するポートが従来のLightningからUSB-Cに変更されたことが注目されています。しかし、iPad(第10世代)のUSB-CポートはUSB 2.0規格で、データ転送速度はLightningと同じ最大480Mbpsにとどまる、とThe Vergeが指摘しています。
     
    The Vergeは、iPad(第10世代)は、iPad(第10世代)の対象とするユーザーの使い方を考慮すると、データ転送速度はあまり問題にならないだろう、とコメントしています。

    iPad Proは最大40Gbpsのデータ転送が可能

    発売されたばかりのM2搭載iPad ProやM1搭載iPad ProはThunderbolt 3に対応し、最大40Gbpsの高速データ転送が利用可能です。
     
    iPad Air(第5世代)は最大10Gbps、iPad mini(第6世代)は5Gbpsと、いずれもiPad(第10世代)を大幅に上回るスピードでデータ転送が可能です。

     
     
    Source:The Verge, MacRumors
    Photo:Apple
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次