2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    2024年の11/12.9インチiPad ProはOLED搭載、14インチも開発中

    iPad Pro

    iPad Pro
     
    iPad Proが搭載するディスプレイについて、2024年モデルで11インチ、12.9インチの両方が、有機ELディスプレイ(OLED)に切り替わるとの予想を、Bloombergのマーク・ガーマン記者が伝えています。

    14インチiPadも開発中〜Proでない可能性も

    11インチiPad Proと12.9インチiPad Proのディスプレイが、2024年モデルでOLEDディスプレイに変わるとの予想は、ディスプレイ業界情報に詳しいDSCCの最高経営責任者(CEO)、ロス・ヤング氏も数日前に伝えたばかりです。
     
    またガーマン記者は、Appleはディスプレイサイズが14インチのiPadも開発中だと伝えています。ただしこのモデルがiPad Proであるという確証は掴んでいないようで「このタブレットがiPad Proだといいのだが。それならばMacBook Proと同じ、3つのスクリーンサイズ戦略となる」と述べています。
     
    米メディアMacworldは、14インチiPad Proが2023年秋に発売されると予想していますが、前述のヤング氏は14.1インチiPadはiPad Proではなく、標準iPadの大画面版になるとの予想を伝えていました。

    折りたたみiPadの登場は数年先か

    またガーマン記者は、Appleは折りたたみiPadを開発中で、キーボードの代わりに第2のタッチスクリーンを搭載した、Macのように機能するモデルになるとも予想しています。ただし登場時期は2020年代後半とのことなので、まだだいぶ先になりそうです。
     
    Apple関連情報に詳しいアナリストのミンチー・クオ氏は、折りたたみiPadの発売時期は2025年と予想しています。

     
     
    Source:Power On
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次