A16はデザイン的には「A15+」に相当する?

    a16 bionic

    a16 bionic
     
    Appleによれば、A16チップはTSMCの新しい4ナノメートルプロセスで製造されているとのことですが、実際にはこのN4プロセスは“N5プロセスの強化版”といわれており、本当の意味で4ナノメートルプロセスではない、と米メディアMacworldが伝えています。

    最大7%高いクロックで動作

    Macworldによれば、A16チップのCPUアーキテクチャには大きな変化はなく、最大7%高いクロックで動作することを考慮すると、ほとんどのCPUベンチマークは10%以下の性能向上を示すと予想されるとのことです。
     
    実際に、A16のベンチマークスコアではシングルコアでA15比較で9%増にとどまっています。
     
    マルチコアではA15と比べて13%増となりましたが、増加したメモリ帯域幅の恩恵を受けたところが大きい、とMacworldはコメントしています。

    A16の名称が与えられるべきではなかった?

    A16はほとんどの点でA15をチューンアップしたものと感じられ、新たな4ナノメートルプロセスでさえもN5プロセスの強化版といわれていることもあり、A16の名称はそぐわないのではないか、とMacworldは指摘しています。
     
    Appleはスマートフォンの性能では圧倒的なリードを保っているため、時折チューンアップにとどめる年があっても良い、とも同メディアは述べていますが、ネーミングにはそれを反映させるべきで、A15+A15 Proといったタイトルのほうが誠実な表現なのではないか、と記事を締めくくっています。
     
     
    Source:Macworld via 9to5Mac
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次