2022年10月5日 10時47分

読了まで 155

iOS16.1も対応〜スマートホーム規格Matter 1.0がリリース

Matter


 
も推進メンバーとなっているConnectivity Standards Allianceが、現地時間2022年10月4日、スマートホーム規格「Matter 1.0」をリリース、合わせて認証プログラムを立ち上げました。

Siriがさまざまなスマートホーム機器に対応

Apple、など280社以上が名を連ねるConnectivity Standards Alliance(CSA)は、現在各社がそれぞれ提供しているスマートホーム機器とソフトウェアが、互いに互換性を持つようにすることを目的としています。
 
つまり現時点ではAlexaやGoogle Assistにしか対応しないスマートホーム機器が、今後はSiriにも対応するということです。
 
Matter 1.0のリリースに伴い、Matter規格に対応しているかどうかをテストし認証を与えるラボがオープン、Matter対応製品を開発するためのツールや参照設計、ソフトウェア開発キット(SDK)の提供も始まります。
 
Matter 1.0

iOS16.1でMatterに対応

なおAppleは現在ベータ版が提供中の.1において、Matterに準拠したスマートホーム機器が操作できるようにしました。
 
ただし現段階ではバグ修正や細かい調整が行われているようで、iOS16.1ベータ3ではいったん設定アプリからMatterインターフェースが削除されました。最新版であるiOS16.1ベータ4では、Matter対応スマートホーム機器が操作可能となっています。
 
米メディア9to5MacはiOS16.1の正式版リリースまでには、Matter関連のバグが修正されるだろうと予想しています。

 
 
Source:CSA via 9to5Mac
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる