2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iFixit、AirPods Pro(第2世代)の分解動画を公開。修理は不可能

    iFixit AirPods Pro(第2世代) 分解

    iFixit AirPods Pro(第2世代) 分解
     
    iFixitが、AirPods Pro(第2世代)分解動画を公開しました。これまでのAirPodsシリーズと同様に分解修理は不可能として、iFixitはAppleの姿勢を批判しています。

    再生素材のマグネットを使用したAirPods Pro(第2世代)

    iFIxitが、iPhone14iPhone14 Pro MaxApple Watch Ultraに続き、AirPods Pro(第2世代)分解動画を公開しました。
     
    AirPods Pro(第2世代)のX線写真で、黒い影になっている部分は、Appleが環境への取り組みとして発表していた再生素材のレアアースを用いたマグネットです。
     
    AirPods Pro(第2世代) AppleEvent 2022年9月
     
    AirPods Pro(第2世代)の内部に多くのマグネットが使われていることがわかります。
     
    iFixit AirPods Pro(第2世代) 分解
     
    なお、修理業界を代表する企業であるiFixitは、リサイクルには多くのエネルギーを消費するので、修理するほうが環境に良い、と主張しています。
     
    iFixit AirPods Pro(第2世代) 分解
     

    イヤホンをこじ開けて分解

    iFixitは、AirPods Pro(第2世代)を開けるために、万力で挟んで力を加え、わずかな隙間をこじ開けています。
     
    iFixit AirPods Pro(第2世代) 分解
     
    接着剤に埋まったZIFコネクターに難儀したものの、取り外せてからは分解作業は順調に進んだそうです。
     
    iFixit AirPods Pro(第2世代) 分解
     
    ドライバーとバッテリーはイヤホン内部に詰め込まれており、取り出すのにひと苦労です。
     
    iFixit AirPods Pro(第2世代) 分解
     
    AirPods Pro(第2世代)のステム(耳から飛び出す棒の部分)には、1本のアンテナとH2チップが入っていました。
     
    iFixit AirPods Pro(第2世代) 分解
     
    ステムの先端部分をヒートガンで熱して開けると、中にはマイクと接着剤が入っていました。
     
    iFixit AirPods Pro(第2世代) 分解
     
    ステム部分を切り開くと、アンテナと、タッチコントロール用の静電容量式タッチセンサーが姿を表します。
     
    iFixit AirPods Pro(第2世代) 分解
     

    Lightningポートとストラップ穴をつなぐ部品

    充電ケース底面のLlightningポートと側面のストラップ取り付け穴は、金属製の板状の部品でつながっており、この部品は4カ所の精巧なハンダ付けで固定されています。
     
    iFixit AirPods Pro(第2世代) 分解
     
    なおLumafieldは、AirPods Pro(第2世代)充電ケースのCTスキャン画像から、この金属製の部品は「探す」用のアンテナではないか、と推測していました。

    修理は不可能、とAppleを批判

    AirPods Pro(第2世代)を分解したiFixitは、初代AirPodsAirPods(第2世代)初代AirPods Pro、AirPods(第3世代)のシリーズ製品と同様、接着剤が多用された構造のため修理は不可能と指摘し、使い捨てられる製品は環境にマイナスだ、とAppleを批判しています。なお、AirPodsシリーズで唯一、修理しやすさの評価が高かったのはAirPods Maxでした。
     
    iFixit AirPods Pro(第2世代) 分解
     
    iFixitの公開した動画はこちらでご覧ください。
     

      
     
    Source:iFixit/YouTube
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次