2022年9月28日 20時45分

読了まで 149

iPhone14シリーズの増産を断念〜年内に9,600万台の製造を目指していたが

iPhone14 Battery AD


 
Bloombergが、は年内に9,600万台のシリーズすることを計画していたが、これを断念し、前年と同水準の9,000万台の製造に修正したと報じました。

600万台の増産を計画していたが

Appleは年内に9,000万台のiPhone14シリーズの製造を目指していると伝えられていましたが、サプライヤーにはそこから600万台上積みするべく準備するよう要求していたようです。
 
しかし、iPhone14の需要が低迷していることからこの計画を破棄し、シリーズの増産に計画を変更したと、同メディアは伝えています。

Proシリーズ増産効果が徐々に出てきている?

iPhone14の製造を担当しているFoxconnは、同モデルの需要低迷を受け、製造ラインを5本解体したと報告されています。
 
Appleオンラインストアのお届け予定日をみても、iPhone14のそれは全モデルが「1〜2営業日」と在庫は潤沢です。
 
対して、iPhone14 Proシリーズのお届け予定日は、iPhone14 Proが「3週〜4週」、iPhone14 Pro Maxが「4週〜5週」へと、以前よりも1週間程度短くなりましたが、発売直後より在庫不足が続いている状態です。
 
 
Source:Bloomberg
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729)
 
 

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる