2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iPhone14、14 Pro、14 Pro Maxのバッテリーの実力とは?

    iphone14 pro max

    iphone14 pro max
     
    16日(金)付けで発売となったiPhone14iPhone14 ProiPhone14 Pro Maxバッテリー性能を他のiPhoneモデルと比較した動画が、YouTuberのMrwhosetheboss氏により公開されました。

    一番最初にバッテリー切れになったのはやはりSE

    Mrwhosetheboss氏のiPhoneのバッテリー性能比較は、平等なスタートラインを与えるため、全モデルを新規購入し、バッテリー100%充電未使用の状態で行なわれました。ディスプレイの照度もデバイスごとに照度計で計測し、完全に同じになるよう手動で設定されています。
     
    比較モデルは、発売となったばかりiPhone14iPhone14 ProiPhone14 Pro Max、そしてiPhone13、iPhone13 mini、iPhone12、iPhone SE(第3世代)です。すなわち、現行モデルすべてです。
     
    それぞれのデバイスは、Mrwhosetheboss氏が用意したバッテリーテスト用のタスクをこなしていきますが、最初にバッテリーが切れたのはやはりSEで、4時間52分という結果となりました。このとき、iPhone14 Pro Maxはまだ49%バッテリーが残っています。
     
    次にバッテリーが切れたのはやはりiPhone13 miniで、結果は6時間36分となりました。その次にiPhone126時間48分でバッテリー切れとなっています。

    iPhone14はiPhone13よりもバッテリー駆動時間が短い?

    iPhone14のバッテリー性能はiPhone13とほぼ同じに見えますが、Mrwhosetheboss氏の実験ではiPhone147時間13分iPhone137時間15分と、iPhone13のほうが2分間長くバッテリーが持つという興味深い結果が出ています。
     
    バッテリー容量ではiPhone14が13に勝っているはずですが、iPhone14は消費電力が多くなっているのか、前モデルよりも若干駆動時間が短くなっています。
     
    続いて、iPhone14 Pro7時間49分でバッテリー切れとなり、最後にiPhone14 Pro Max9時間31分で1位となりました。
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次