iPhone14 Pro Maxの初期分解報告〜A16と新しい放熱機構を確認 - iPhone Mania
トップページ > iPhone14 > iPhone14 Pro Maxの初期分解報告〜A16と新しい放熱機構を確認
2022年9月15日 16時31分

読了まで 158

iPhone14 Pro Maxの初期分解報告〜A16と新しい放熱機構を確認

iPhone14 Pro Max TD_5


 
YouTubeチャンネル「PBKreviews」が、iPhone14 Pro Maxの初期分解を行い、A16 Bionicの新しい放熱機構などを動画で報告しています。

冷却機構にグラファイトシートも採用

PBKreviewsはiPhone14 Pro Maxの内部構造について、外見からの印象よりもiPhone13 Pro Maxとの違いがあると述べています。
 
バッテリーは容量4,323mAhのL型で、その隣にはA16 Bionicが搭載されたロジックボードが配置されています。
 
iPhone14 Pro Max TD_2
 
ロジックボードには冷却機構として、金属製の放熱板とグラファイトシートを組み合わせたものが用いられています。
 
Appleが製品発表の基調講演で、優れた冷却機構と紹介したのはこのことだろうと、PBKreviewsは説明しています。
 
iPhone14 Pro Max TD_4
 
また、Face IDセンサーと前面カメラとを組み合わせたTrueDepthカメラは、iPhone13 Pro Maxと比べて約30%小型化されました。
 
iPhone14 Pro Max TD_3
 
その他、4,800万画素のリア広角カメラなどに、iPhone13 Pro Maxとの違いを見つけることができます。
 
iPhone14 Pro Max TD_1

詳細な分解動画はiFixitに期待

今回の分解動画は、iPhone14 Pro Max内部の部品配置などを確認するもので、搭載されている部品の詳細な解説などは行われていません。
 
今後、iFixitの分解動画などで、それらは紹介されると予想されます。
 

 
 
Source:PBKreviews via 9to5Mac
(FT729)
 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる