Apple、iPhone14 Proの常時表示ディスプレイがオフになる8場面を説明 - iPhone Mania
トップページ > iPhone14 Pro > Apple、iPhone14 Proの常時表示ディスプレイがオフになる8場面を説明
2022年9月16日 14時59分

読了まで 148

Apple、iPhone14 Proの常時表示ディスプレイがオフになる8場面を説明

iPhone14 Pro 常時点灯


 
Appleはサポート文書を更新し、iPhone14 ProとiPhone14 Pro Maxで導入された常時表示ディスプレイについて説明するページを公開しました。

常時表示ディスプレイがオフになる8場面

サポート文書では、常時表示ディスプレイがバッテリー節約のため、完全に「オフ」になる8パターンが列挙されています。
 
Appleによると、バッテリー節約のため、iPhone14 ProとiPhone14 Pro Maxのディスプレイは次の8場面では完全にオフになるそうです。
 

  • iPhoneの画面を下向きに置いた時
  • iPhoneをポケットやバッグに入れた時
  • 「睡眠」集中モードがオンになっている時
  • 低電力モードがオンになっている時
  • iPhoneがCarPlayに接続されている時
  • 連係カメラを使っている時
  • iPhoneをしばらく使っていない時(iPhoneはユーザーの行動パターンを学習し、それによってディスプレイをオンオフします。これにはアラームや睡眠スケジュールの設定も含まれます)
  • iPhoneが同期しているApple Watchを着用したユーザーが離れていくことを検出した場合(Apple Watchが再びiPhoneに近づくとiPhoneの常時表示ディスプレイもオンになります)

 
 
Source:Apple via MacRumors
(lunatic)
 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる