iPhone14シリーズの購入意向、人気モデル、容量は?MMD研究所が調査 - iPhone Mania
トップページ > iPhone14 > iPhone14シリーズの購入意向、人気モデル、容量は?MMD研究所が調査
2022年9月16日 10時33分

読了まで 352

iPhone14シリーズの購入意向、人気モデル、容量は?MMD研究所が調査

iPhone14シリーズ


 
9月16日に販売が開始されたiPhone14シリーズについて、iPhoneユーザーの23.8%、Androidユーザーでも7.9%が購入予定もしくは購入を検討しており、最も人気があったのはiPhone14(128GB)だった、との調査結果をMMD研究所が発表しました。

iPhone14シリーズの購入意向、iPhone13からやや低下

iPhone14、iPhone14 Pro、iPhone14 Pro Maxの販売が開始された9月16日に、「iPhone14シリーズに関する購入意向調査」の結果をMMD研究所が発表しました。
 
調査は、AppleがiPhone14シリーズを発表した9月8日から10日にかけて、15歳〜69歳の男女を対象に、インターネットで実施しています。予備調査で7,251人にiPhone14シリーズへの関心などを聞き、iPhone14シリーズ購入意向者を対象として482人に本調査を実施しています。
 
iPhone14シリーズを購入したいかをOS別で見ると、iPhoneユーザーは「購入する予定」が8.0%、「購入を検討している」が15.7%で、合計23.8%が購入意向を示しています。
 
Androidユーザーは「購入する予定」が2.5%、「購入を検討している」が5.4%で、購入意向は合計7.9%でした。
 
MMD研究所「iPhone 14シリーズに関する購入意向調査」
 
購入意向の割合は、昨年のiPhone13シリーズについての調査結果と比べると、iPhoneユーザーで9.9ポイント、Androidユーザーで2.3%、減少しています。

購入意向モデル、iPhone14(128GB)が一番人気

iPhone14シリーズの購入意向者に、購入を検討しているモデルを複数回答で聞いたところ、最も多かったのはiPhone14(53.1%)でした。以下、iPhone14 Pro(21.0%)、iPhone14 Plus(19.3%)、iPhone14 Pro Max(15.6%)と続いています。
 
23.9%は「まだわからない」と回答しています。
 
MMD研究所「iPhone 14シリーズに関する購入意向調査」
 
購入を検討しているモデルを容量ごとにみると、割合が高かったのは、iPhone14(128GB)の34.2%がトップで、以下iPhone14(256GB)の22.8%、iPhone14(512GB)の14.1%などと続いています。
 
MMD研究所「iPhone 14シリーズに関する購入意向調査」
 

iPhoneユーザーの約8割「現在は購入しなくても興味」

iPhone14シリーズについて「現在は購入する気はない」と回答した人に、iPhone14シリーズの購入に興味があるかを尋ねたところ、iPhoneユーザーの79.3%、Androidユーザーの59.6%が興味があると回答しています。
 
MMD研究所「iPhone 14シリーズに関する購入意向調査」
 
iPhone14シリーズの購入に興味があると回答した人に、現在購入しない理由を複数回答で聞いた結果(上位5回答)が以下のグラフです。
 
iPhoneユーザーは「現在利用している端末がまだ使えるから」が52.6%で最多で、以下「端末価格が高いから」47.8%、「新しい端末に買い替えたばかりだから」16.7%の順でした。
 
Androidユーザーでは、「端末価格が高いから」が61.9%と最も多く、以下「現在利用している端末がまだ使えるから」46.6%、「新しい端末に買い替えたばかりだから」14.8%で続いています。
 
MMD研究所「iPhone 14シリーズに関する購入意向調査」
 

スマホ買い替え頻度は3年に1回が最多

iPhoneまたはAndroidをメインで利用している回答者のスマートフォンの買い替え頻度は、iPhoneユーザーは「3年に1回程度」が27.3%で最多でした。以下「2年に1回程度」が18.8%、「4年に1回程度」が18.7%と続いています。
 
Androidユーザーは「3年に1回程度」が26.0%で最多、以下「2年に1回程度」17.5%、「買い替えたことがない」17.9%と続きました。
 
MMD研究所「iPhone 14シリーズに関する購入意向調査」
 
年代別では、3年に1回以上の頻度で買い替えている割合は、30代が55.4%で最も高く、20代の55.1%、10代の52.1%が続いています。
 
MMD研究所「iPhone 14シリーズに関する購入意向調査」
 

iPhone14購入意向者の約2割がApple Watch S8も購入予定

調査では、iPhone14シリーズの購入意向者に、同時に発表されたApple Watch、AirPods Pro(第2世代)の購入意向も尋ねています。
 
「購入する予定」の回答は、Apple Watch Series 8が最も高く、19.7%でした。以下、Apple Watch Ultraの13.3%、AirPods Pro(第2世代)12.9%と続いています。
 
「購入する予定」と「購入を検討している」を合わせた購入意向は、Apple Watch Series 8が50.6%で最も高く、AirPods Pro(第2世代)とApple Watch SE(第2世代)がともに43.2%、Apple Watch Ultraが40.2%の順でした。
 
MMD研究所「iPhone 14シリーズに関する購入意向調査」
 

購入場所は3大キャリアの店舗が上位

iPhone14シリーズ購入意向者に、最も検討している購入場所を尋ねたところ、「ドコモショップ(店舗)」19.1%、「ソフトバンクショップ(店舗)」14.5%、「auショップ(店舗)」11.6%がトップ3で、キャリアの店舗での購入意向者が多いことが分かります。
 
MMD研究所「iPhone 14シリーズに関する購入意向調査」
 
 
Source:MMD研究所
Photo:Apple
(hato)

 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる