2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iPhoneの衛星緊急通報、Starlinkと提携の可能性「極めて低い」とガーマン氏

    AppleEvent iPhone14 衛星通信

    AppleEvent iPhone14 衛星通信
     
    iPhone14シリーズで導入された、衛星通信を使った緊急通報サービスに、イーロン・マスク氏が最高経営責任者(CEO)を務めるSpaceXのサービスStarlinkが採用されることは当面ないだろう、とBloombergのマーク・ガーマン記者が述べています。

    衛星通信による緊急通報に対応したiPhone14

    iPhone14、iPhone14 PlusiPhone14 Pro、iPhone14 Pro Maxは、携帯電話の電波が届かない地域でも衛星通信でテキストメッセージを送ることで緊急通報ができるサービスに対応し、11月からアメリカとカナダでサービスが提供されます。
     
    AppleはこのサービスをGlobalstarと提携して提供していますが、先日、SpaceXの最高経営責任者(CEO)であるイーロン・マスク氏がAppleと具体的な交渉を行なっていたことを明かして話題となりました。

    AppleとStarlinkの提携、可能性は非常に低い

    マーク・ガーマン氏はニュースレターPower Onの読者からの「Appleはイーロン・マスク氏のStarlinkと提携しますか?」との質問に答えています。
     
    ガーマン氏は、AppleはすでにGlobalstarと提携しており、Starlinkとの提携の可能性は短期的には非常に低い、と否定しています。
     
    Starlinkの衛星ネットワークを使ってGlobalstarのサービスを世界的に拡大するのでなければ、AppleとStarlinkが提携する必要性が感じられない、いずれにしてもすぐには実現しない、と重ねて否定しています。
     
     
    Source:Power On/Bloomberg
    (hato)

     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次