Apple Fitness+、体幹や姿勢がテーマの新メニューや音声コンテンツが追加 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Apple Fitness+、体幹や姿勢がテーマの新メニューや音声コンテンツが追加
2022年1月7日 23時57分

読了まで 241

Apple Fitness+、体幹や姿勢がテーマの新メニューや音声コンテンツが追加

Apple Fitness+


 
AppleはフィットネスのサブスクリプションサービスApple Fitness+に、体幹トレーニングや姿勢の改善などのテーマでまとめた「Collections」 と、ランニングの上達に役立つ番組「Time to Run」や、エクササイズ中に楽しめる人気アーティストのプレイリスト「Artist Spotlight」、ウォーキング向けトーク番組「Time to Walk」の新シーズンを1月10日から提供すると発表しました。日本は非対応です。

テーマでまとめた「Collections」

Apple Fitness+で1月10日から提供される「Collections」は、ユーザーの目的に応じたテーマごとにワークアウトやメディテーション(瞑想)を組み合わせたメニューです。
 
Apple Fitness+
 
当初は以下のメニューが提供されます。
 

  • 30日間体幹チャレンジ
  • ピラティスで姿勢を改善
  • ヨガのバランスポーズをマスターしよう
  • 最初の5,000マイル(約8,000キロ)を走ろう
  • 背筋を鍛えて腰をストレッチ
  • より良い眠りのために落ち着こう

 

運動中に合わせたトークや音楽プレイリストも提供

ランニングの質を高めるのに役立つトレーナーからのアドバイスと、ランニングが楽しくなる音楽のプレイリストをまとめた「Time to Run」も、1月10日から利用可能となります。
 
Apple Fitness+
 
「Time to Run」は当初、ロンドン、ブルックリン、マイアミビーチの3つの街をテーマとしたエピソードが公開され、毎週月曜日に新エピソードが追加されます。
 
さまざまなワークアウトに合う、エド・シーラン、ファレル・ウィリアムズ、シャキーラ、ビートルズといった人気アーティストの楽曲をまとめた「Artist Spotlight」も提供されます。
 
Apple Fitness+
 
ウォーキング中に聴くのに向いた、著名人によるトーク番組「Time to Walk」には、第3シーズンとして、新たなエピソードも追加されます。
 
iPhone Maniaでは、米国在住の編集部員がApple Fitness+「Time to Walk」を試したレポート記事も公開しています。
 
Apple Fitness+
 

残念ながら、日本では未対応

Apple Fitness+は、2020年9月にApple Watch Series 6と同時に発表され、2020年12月にアメリカやイギリスなどでサービスが開始されたサブスクリプション型のフィットネスサービスです。アメリカでの料金は月額9.99ドルで、バンドルサービスApple One Premierでも利用可能です。
 
Apple Fitness+
 
2021年9月には、字幕に対応して英語圏以外の国々でのサービスが拡大していますが、現在のところ日本でのサービス提供予定に関する発表はありません。
 
現時点でApple Fitness+が利用可能なのは、アメリカのほか、オーストラリア、オーストリア、ブラジル、カナダ、コロンビア、フランス、ドイツ、インドネシア、アイルランド、イタリア、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ポルトガル、ロシア、サウジアラビア、スペイン、スイス、アラブ首長国連邦、イギリスの各国です。
 
 
Source:Apple
Photo:Apple
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる