Foxconn、停電で制限していた成都工場でのiPad生産を正常化

    iPad

    iPad
     
    この夏の記録的な暑さにより、中国では四川省などで計画停電が実施され、Appleの主要サプライヤーであるFoxconnも工場の稼働停止を余儀なくされました。
     
    しかし猛暑もおさまり、Foxconnの四川省・成都工場は平常運転に戻ったと、Nikkei Asiaが報じています。

    8月25日より平常運転を再開

    Foxconnの成都工場ではiPadの組立が行われているとみられていますが、現地時間8月25日より平常運転を再開した模様です。
     
    四川省における計画停電について、TF International Securitiesのアナリスト、ミンチー・クオ氏は、8月20日までに停電が終了すれば、Foxconnの成都工場とCompalの重慶工場におけるiPadの生産計画への影響は少ないと述べていました。

    計画停電がiPadのリードタイムに影響か

    現時点でのリードタイム(注文を受けてから商品を納品するまでにかかる時間)が、iPadのみ長くなっているというJ.P. Morganの調査結果を鑑みると、8月24日まで実施された計画停電が、iPadのリードタイムに影響を与えている可能性があります。

     
     
    Source:Nikkei Asia via 9to5Mac
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次