新型iPadの発売と最新iPadOSの公開、今後はどちらも10月で固定化か - iPhone Mania
トップページ > iOS > 新型iPadの発売と最新iPadOSの公開、今後はどちらも10月で固定化か
2022年8月28日 22時52分

読了まで 218

新型iPadの発売と最新iPadOSの公開、今後はどちらも10月で固定化か

Apple iPadOS16


 
iOS16の正式版がiPhone14の発売と同じ9月に公開されると見込まれるのに対して、AppleはiPadOS16(正確にはiPadOS16.1)の公開が遅れることを認めています。今後も、iPadOSが10月に公開され、新型iPadハードウェアも10月に発表される可能性がある、とBloombergのマーク・ガーマン記者が指摘しています。

iPadOS16はiOS16より遅れることが確定的に

iOS16は、現地時間9月7日のイベント「Far Out.」で正式版の公開日が発表されると見込まれます。一方、iPadOS16は、公開が10月にずれこむと噂されていました。
 
Appleは先日iPadOS16.1の開発者向けベータをリリースした際、米メディアTechCrunchの取材に対して、iPadOSの重要性を考慮し、公開日程をiOSに縛られず柔軟に設定するとコメントし、具体的な公開時期については言及していないものの、iPadOSの公開が遅れることを認めています

新型iPadの発表、iPadOSのリリースともに10月に固定?

マーク・ガーマン記者は、ニュースレターPower On読者からの「Appleは今後も、今年と同様にiPadOSのリリースを10月に固定すると思いますか?」という質問に答えました。
 
ガーマン氏は、「iPadOSの公開を9月に戻せば、iPadOSはiOSに縛られず柔軟に公開する、というAppleの声明が皮肉に聞こえてしまう」と前置きし「今後AppleはiPadOSの公開を10月に固定するのではないか」と述べています。
 
また、iPadハードウェアのアップデートが10月に固定されており、iPadOSの操作性がMacに近づいていることを挙げ、iPadOSの公開が10月に固定されるのは合理的といえるとして、iPadOSは今後も10月のリリースが妥当だろう、との見解も示しています。
 

時差リリースによるネガティブな影響も

ガーマン氏は、iOSとiPadOSのリリース時期が異なることにより、アプリの互換性や、Appleの得意技であるデバイス間の連携機能の動作に支障をもたらす可能性もある、とネガティブな影響が出ることへの懸念も付け加えています。
 
ガーマン氏の懸念どおりなら、多くのアプリがiPhoneでもiPadでも動作可能ですが、iOSの新機能を利用したアプリが、iPhoneでは動作してもiPadではうまく動作しない、といった事態が生じることが考えられます。
 
 
Source:Power On/Bloomberg
Photo:Apple
(hato)

カテゴリ : iOS, iPad, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる