Safari 15.6.1がリリース、重要なセキュリティ上のバグを修正 - iPhone Mania
トップページ > Mac > Safari 15.6.1がリリース、重要なセキュリティ上のバグを修正
2022年8月19日 16時36分

読了まで 146

Safari 15.6.1がリリース、重要なセキュリティ上のバグを修正

safari


 
macOS Big SurとmacOS CatalinaのためのSafariバージョン15.6.1が公開されました。このアップデートには、WebKitの脆弱性の重要なセキュリティ修正が含まれています。

アップデートは非常に望ましい

Safari 15.6.1のリリースノートには、下記のようにあります。
 

Safari 15.6.1
2022年8月18日リリース
 
WebKit
 
対象OS:macOS Big SurおよびmacOS Catalina
 
影響:悪意を持って作成されたWebコンテンツを処理すると、任意のコードを実行される可能性がある。Appleでは、この脆弱性が悪用された可能性があるという報告について把握しています。
 
説明:配列境界チェック機能を改善することで、領域外書き込みの脆弱性に対処しました。
 
WebKit Bugzilla:243557
CVE-2022-32893:匿名の研究者

 
AppleはWebKitの「脆弱性が悪用された可能性がある」と認めているため、今回のSafariのアップデートは非常に望ましい、と米メディアMacRumorsはコメントしています。
 
AppleはmacOS Monterey 12.5.1iOS15.6.1およびiPadOS15.6.1をリリースしたばかりです。
 
 
Source:Apple via MacRumors
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる