2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Huawei、Mate 50シリーズを9/7に発表?4Gのみ対応&非Leicaカメラ

    Huawei Mate 50シリーズの画像

    Huawei Mate 50シリーズの画像
     
    Huaweiが9月7日に新型スマートフォン「Mate 50シリーズ」を発表するという情報が出てきました。
     
    最新スマートフォンにもかかわらず4G通信のみの対応で、カメラもLeicaブランドではなくなるようです。

    5G通信非対応のMate 50シリーズ

    IT之家によると、Huaweiは9月7日に新型スマートフォンの「Mate 50シリーズ」を発表するとのことです。
     
    Mate 50シリーズは、
     

    • Mate 50e
    • Mate 50
    • Mate 50 Pro
    • Mate 50 RS

     
    の4モデルから構成されますが、いずれも5G通信には非対応だといいます。
     
    これはアメリカからの制裁が継続しているためで、システム・オン・チップ(SoC)もMate 50 RSをのぞき、Huawei独自のKirin 9000Sを搭載予定です。
     
    Kirin 9000Sの在庫も潤沢ではなく、HuaweiはQualcommのSnapdragon 888の5G通信非対応版をP50 Pocketに採用するなどしています。
     
    また、制裁回避のためスマートフォンケースに5G通信機能を持たせるというアイデアもあるようです。

    Leicaではなく「XMAGE」ブランドのカメラを搭載

    Mate 50シリーズはHuaweiが採用してきたLeicaブランドのカメラではなく、独自の「XMAGE」ブランドのカメラを搭載するといいます。
     
    Leicaは現在、Xiaomiとスマートフォン向けカメラを共同開発しています。
     
    Huaweiのスマートフォンビジネスは依然として苦境に立たされており、2022年第2四半期(4月〜6月)には中国市場で出荷台数が前年同期比37.9%減少しました。

     
     
    Source: IT之家 via PhoneArena
    (ハウザー)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次