2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Apple Watch Series 8/Proに関する予想〜血圧、血糖値測定は?

    Apple Watch S8 AH 0422

    Apple Watch S8 AH 0422
     
    Bloombergのマーク・ガーマン記者が、ニュースレター「Power On」で、Apple Watch Series 8とApple Watch Series 8 Proのデザインや新機能に関する予想を伝えました。

    デザインは、以前噂されたフラットデザインではない

    Apple Watch Series 8とApple Watch Series 8 Proに導入される低電力モードにより、フル充電時のバッテリー駆動時間は数日に伸びる可能性があるようです。
     
    Apple Watch Series 8とApple Watch Series 8 Proのデザインは、Apple Watch登場以来最大の変更となり、現行モデルの進化版を採用するようですが、Apple Watch Series 7発表前に噂されたフラットデザインではないようです。
     
    Apple Watch Series 8 Proについて、ケース径がかなり大きく、一部の顧客にしか受けない可能性があると、同記者は伝えています。
     
    Apple Watch Series 8 Proのケース素材は、チタニウム合金になる可能性が高いとのことで、それがEditionが廃番になる理由なのかもしれません。
     
    Apple Watch Series 8 Proはディスプレイサイズが45ミリモデルよりも約7%大きく、新しいフィットネスアプリとともに測定データの可読性が向上すると期待されます。

    血圧、血糖値測定機能はいつ実現する?

    Apple Watch Series 8とApple Watch Series 8 Proに導入される新しいヘルスケア機能は、体温測定をもとにした発熱検知のみに留まりそうです。
     
    Appleが開発中と噂の血圧測定機能の搭載は2025年、血糖値測定機能にいたっては2020年代末まで実現しない可能性があると、ガーマン記者は予想しています。
     
     
    Source:Power On via 9to5Mac
    Photo:Apple Hub/Facebook
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次