Apple Watch Series 8の低電力モードでの動作を予想 - iPhone Mania
トップページ > Apple Watch > Apple Watch Series 8の低電力モードでの動作を予想
2022年7月17日 13時00分

読了まで 151

Apple Watch Series 8の低電力モードでの動作を予想

Apple Watch Series 8 AH 0710


 
Tom’s Guideが、Apple Watch Series 8に搭載されると噂の低電力モードについて、どのように動作するのか予想しています。

ディスプレイ輝度、通知頻度、ヘルスケアセンサーの動作を制御?

Bloombergのマーク・ガーマン記者が、Apple Watch Series 8には省電力モードとは異なる低電力モードが搭載されると伝えていました。
 
低電力モードでは、バッテリー消費を抑えながらアプリの操作ができると噂されています。
 
Tom’s Guideは低電力モードについて、ディスプレイの輝度、GPSやヘルスケア関連センサーなどの動作を停止または調整し、通知を減らすことでバッテリー消費を抑えるのではないかと予想しています。
 
低電力モードでは、Apple Watchのバッテリー駆動駆動時間が18時間よりも長くなる可能性があると、同メディアは期待感を示しています。

Apple Watch Series 8と8 Proに搭載か

Appleは今秋に、S8を搭載するApple Watch Series 8とApple Watch Series 8 Pro、および同チップを搭載するApple Watch SE(第2世代)を発表するとみられています。
 
両モデルは同じチップを搭載しますが、低電力モードが使用可能なのはApple Watch Series 8およびApple Watch Series 8 Proだけになると、Tom’s Guideは記しています。。
 
 
Source:Tom’s Guide
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる