Apple Watch Series 3を廃番にせざるを得ない5つの理由? - iPhone Mania
トップページ > Apple Watch > Apple Watch Series 3を廃番にせざるを得ない5つの理由?
2022年7月23日 20時30分

読了まで 25

Apple Watch Series 3を廃番にせざるを得ない5つの理由?

Apple Watch Series 3 official


 
Notebookcheckが、AppleがApple Watch Series 3を廃番にせざるを得ない5つの理由を伝えています。

廃番にせざるを得ない5つの理由

Notebookcheckは、5つの理由から、Apple Watch Series 3を廃番にする時期にきていると述べています。
 

    1. 最新のwatchOSをインストールするにはストレージ容量が不十分
    2. デザインが古くなっている
    3. 性能不足
    4. watchOS9へ対応しない
    5. 性能の割に価格が高い

 
Apple Watch Series 3のストレージ容量は、GPS+Cellularモデルが16GB、GPSモデルが8GBで、最新のwatchOSをインストールすると残り容量が4GBしかなく、アップデート時に復元する必要が生じており不便と、Notebookcheckが指摘しています。
 
また、Apple Watch Series 3のディスプレイサイズは今では小さくなっており、Apple Watch Series 4の対して30%、Apple Watch Series Series 7に対して50%も小さく、ベゼル幅も広くて古く見えるかもしれません。
 
また、S3チップの消費電力は今となっては大きく、発売後すぐに購入したユーザーの場合はバッテリーが劣化しており、駆動時間も短くなっていると、Notebookcheckは伝えています。
 
watchOS9の案内ページには「利用するには、iOS16以降を搭載したiPhone8以降と、Apple Watch SEやSeries 4以降のモデルが必要です」と書かれていることも、Apple Watch Series 3の販売終了を予見させると同メディアは記しています。
 
Apple Watch Series 3は現行Apple Watchとして最廉価モデルですが、Apple Watch SEと比べると、性能や仕様のわりにお得とは言えなくなっているとNotebookcheckは考えています。
 
 
Source:Notebookcheck
Photo:Apple
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる