トップページ > Apple Watch > Apple Watch Series 3のバッテリー、前モデルからわずかに増量
2017年9月26日 12時11分

読了まで 21

Apple Watch Series 3のバッテリー、前モデルからわずかに増量

apple watch series 3 分解


 
Apple Watch Series 3は、Apple Watchシリーズの中で、LTE通信が可能になった初のモデルです。分解を手がけるiFixitによると、このApple Watch Series 3バッテリー容量は、従来のモデルからわずかに増量しているそうです。

Apple Watch Series 2から数%増加

Apple製品の分解で知られるiFixitによる検証の結果、Apple Watch Series 3(GPS+Cellular:38mmモデル)のバッテリー容量は、279mAh(3.82V:1.07Whr)でした。前モデルのApple Watch Series 2が273mAh(42mmモデルは334mAh)であったことを思うと、わずかながら増加していることが分かります。
 
apple watch series 3 分解
 

モデル 駆動時間 容量
Apple Watch Series 3 最大18時間 279mAh
(42mm:?)
Apple Watch Series 2 最大18時間 273mAh
(42mm:334mAh)
Apple Watch Series 1
(初代も同様)
最大18時間 205mAh
(42mm:246mAh)

 
Series 1からバッテリー容量が約36%増加しているものの、ベースとなる駆動時間は最大18時間で維持されています(ワークアウト時間などは増加)。このことから、Apple Watchを毎日充電することを念頭において、Appleは駆動時間を調整しているのだと思われます。
 
apple watch series 3 分解
 
ディスプレイを始めとして、基本的な構成パーツはApple Watch Series 2から大きな変更はなく、LTE通信のためのアンテナが追加されたこと、ワイヤレス充電のコイルがわずかに変更されていること、マイクの隣に気圧高度計が追加されたことくらいに留まっているようです。
 
 
Source:iFixit
(kihachi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる