AR/VRヘッドセット用マイクロOLED、ソニー、LGに続きSamsungも供給? - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > AR/VRヘッドセット用マイクロOLED、ソニー、LGに続きSamsungも供給?
2022年7月12日 00時00分

読了まで 29

AR/VRヘッドセット用マイクロOLED、ソニー、LGに続きSamsungも供給?

Apple VR AH 202111


 
韓国メディアThe Elecが、Samsung DisplayがAppleの拡張現実(AR)/仮想現実(VR)ヘッドセット用マイクロ有機EL(OLED)ディスプレイの開発を開始すると報じました。

第1世代用マイクロLEDをソニーが、第2世代用をLGが供給と噂

AppleのAR/VRヘッドセット(第1世代)用マイクロLEDディスプレイは、ソニーが供給するとThe Elecが報じていました。
 
また、AR/VRヘッドセット(第1世代)のインジケーター用OLEDディスプレイを供給するLG Displayは、AR/VRヘッドセット(第2世代)用マイクロLEDディスプレイ受注を目指し、今四半期(2022年7月〜9月)に量産に向けた製品開発を開始する見通しです。
 
AR/VRヘッドセット(第2世代)用マイクロLEDディスプレイの画素密度は、3,000ppi〜4,000ppiになると、Patently Appleが伝えていました。

iPhone14用OLEDと同じ3社が供給へ?

AR/VRヘッドセット(第1世代)は2023年1月、AR/VRヘッドセット(第2世代)は2025年上半期(1月〜6月)に発表されるとみられていることから、Samsung Displayが開発するマイクロOLEDディスプレイは、AR/VRヘッドセット(第2世代)向けと予想されます。
 
中国BOEが、マイクロOLEDディスプレイを開発済みとの情報もありました。
 
名前のあがった4社のうち、LG Display、Samsung Display、BOEはいずれもiPhone用OLEDディスプレイのサプライヤーであることが知られています。
 
同じサプライヤーがマイクロLEDディスプレイの開発を行うのは、各社を競わせることで価格交渉を有利に進めようとするAppleの意向が働いているのかもしれません。
 
Samsung DisplayはApple向けだけではなく、Samsung ElectronicsとMicrosoftが共同開発するAR HoloLensへの供給も視野に入れていると、The Elecは伝えています。
 
 
Source:The Elec
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる