Shazamがアップデート、iOS15.6ベータで追加された機能が利用可能に

Music Recognition

Music Recognition
 
Shazamアプリがアップデートされ、コントロールセンターの「ミュージック認識」で調べた曲が、Shazamアプリと同期するようになりました。

iOS15.6ベータ版、iOS16ベータ版でのみ有効だった機能

これは当初iOS15.6ベータ版およびiOS16ベータ版でのみ有効でしたが、この度のShazamアプリのアップデートにより、現行のiOSでも同期するようになりました。
 
2020年リリースのiOS14.2以降、iPhoneのコントロールセンターにはShazamを利用したミュージック認識が追加可能となっています。
 
ミュージック認識のアイコンをコントロールセンターに追加しておけば、Shazamのアプリをインストールしていなくても、アイコンを長押し、またはSiriに問いかけるだけで、周囲で流れている音楽の曲名を調べることができます。
 
またShazamの設定でiCloud同期をオンにしておくと、Shazamした曲を保存し、デバイス間で同期することもできます

ミュージック認識、アプリで調べた曲の履歴が同期

つまり今回のアップデートにより、コントロールセンターのミュージック認識で調べた曲の履歴がShazamアプリと同期するため、同一のApple IDに紐付けられているすべてのデバイス間で、ミュージック認識で調べた曲とShazamアプリで調べた曲の両方の履歴が共有可能となります。
 
ミュージック認識機能をコントロールセンターに追加するには、「設定」の「コントロールセンター」より、Shazamのロゴが表示されている「ミュージック認識」の横にある「+」ボタンをタップします。
 

Shazam アイコンShazam – 曲名検索
カテゴリ:ミュージック
現在の価格: 無料

※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。

 
 
Source:MacRumors
(lunatic)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

特集

目次