AirPods Pro(第2世代)がUSB-C端子と新チップ搭載し、心拍数測定対応か - iPhone Mania
トップページ > AirPods > AirPods Pro(第2世代)がUSB-C端子と新チップ搭載し、心拍数測定対応か
2022年6月25日 13時03分

読了まで 212

AirPods Pro(第2世代)がUSB-C端子と新チップ搭載し、心拍数測定対応か

AirPods Pro 2 52audio_1


 
52audioが、AirPods Pro(第2世代)には改良されたH1チップが搭載され、心拍数測定に対応、充電ケースの端子がUSB-Cに変更されるとの情報を入手したと伝えています。

デザインは大きく変わらず、内部を改良

52audioによれば、AirPods Pro(第2世代)では、H1チップの改良が行われ、アクティブノイズキャンセリング機能を改善、心拍数測定が利用可能になる他、充電ケースの端子はUSB-Cに変更され高速充電に対応するとのことです。
 
AirPods Pro(第2世代)のデザインについて同メディアは、AirPods(第3世代)に似ているがイヤーチップを備えていると述べています。
 
操作方法については現行モデルを踏襲し、ステム(軸)部で行うとのことですので、ソニー WF-1000XM4のようなステムのないデザインになることは無さそうです。
 
AirPods Pro 2 52audio_5

搭載されるヘルスケア機能

AirPods Pro(第2世代)のイヤーピースにはヘルスケア機能も搭載され、心拍数が測定できる他、体温測定機能に対応する可能性もあるようです。
 
AppleはAirPodsに環境光センサーを搭載し、耳式体温計として活用できるようにする特許を取得済みでした。
 
AirPods Pro 2 52audio_2

サウンド面での改良、USB-C端子搭載

音質面では、AirPods(第3世代)のような、ダイナミックレンジの広いアンプとドライバーユニットの組み合わせによる改善が行われることが期待できます。
 
AirPods Pro(第2世代)の充電ケース底面にはUSB-C端子と両脇に2つのスピーカーホールのような穴があり、片方は補聴器機能として外部音を集音してイヤーピースから再生するのに活用されるようです。
 
AirPods Pro 2 52audio_4
 
もう1つは、「探す」アプリに対応した音を再生する場合のスピーカーホールと、52Audioは説明しています。
 
AirPods Pro 2 52audio_3
 
AirPods Pro(第2世代)は、新しいコーデックLow Complexity Communication Codec(LC3)に対応するとの噂があります。
 
充電ケースはミンチー・クオ氏が予想していた通りUSB-C端子を採用、高速充電に対応することが期待できます。
 
 
Source:52Audio
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる