ソニー LinkBuds Sを分解し、搭載部品を報告 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > ソニー LinkBuds Sを分解し、搭載部品を報告
2022年6月24日 14時34分

読了まで 224

ソニー LinkBuds Sを分解し、搭載部品を報告

LinkBuds S TD_1


 
52Audioが、ソニー LinkBuds Sを分解し、搭載部品を報告しました。

FCCへの申請書類に未記載の部品が発見

LinkBuds Sの搭載部品は、米連邦通信委員会(FCC:Federal Communications Commission)への申請資料から明らかになっていましたが、実製品の分解により新たな部品が判明しました。
 

充電ケースのバッテリー

LinkBuds Sの充電ケースのバッテリーは、定格電圧が3.85Vで、容量は450mAh/1.732Whです。
 
LinkBuds S TD_2
 

充電ケースの基板

LinkBuds Sの充電ケースの基板は2枚構成で、WF-1000XM4と比べて搭載スペースが不足しているため分割されていると、The Walkman Blogは予想しています。
 
LinkBuds S TD_4
 

充電ケースの基板 1枚目

1枚目の基板には、充電端子とLEDが搭載されています。
 
LinkBuds S TD_5
 

充電ケースの基板 2枚目

2枚目の基板に搭載されているのは、Texas InstrumentsのBQ25618とNXP SemiconductorsのK32 L2Bと、The Walkman Blogは説明しています。
 
LinkBuds S TD_6
 
LinkBuds S TD_6_2
 

イヤーピースを分解

イヤーピースを分解すると、主要基板であるシステム・イン・パッケージ(SiP)や、マイクホール用の穴などが確認できます。
 
本製品には、通話専用マイクが搭載されていないため、通話時のノイズ除去性能が劣る可能性があるとThe Walkman Blogは述べています。
 
LinkBuds S TD_7
 
LinkBuds S TD_8
 
LinkBuds S TD_9
 

イヤーピース用バッテリー

イヤーピース用バッテリーの製造元は、WF-1000XM4LinkBudsと同じZeniPowerで、品番は「Z52H」、定格電圧は3.85V、容量は0.21Wh(54mAh)です。
 
LinkBuds S TD_11
 

イヤーピース用バッテリー端子

イヤーピース用バッテリー端子は、FCCの申請書類への記載内容と大きく異なるとThe Walkman Blogは指摘しています。
 
今回の分解で、FCCの申請書類には記載されていなかったバッテリー端子の存在と、バッテリー接続用のリボンケーブルが確認されました。
 
LinkBuds S TD_12
 

SiPはMediatek MT2822M

SiPは、FCCへの申請書類に記載されていた通り、Mediatek MT2822Mです。
 
LinkBuds S TD_6_2
 
 
Source:52Audio via The Walkman Blog
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる