ソニー LinkBudsの分解レポートが公開〜WF-1000XM4と搭載チップに違い - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > ソニー LinkBudsの分解レポートが公開〜WF-1000XM4と搭載チップに違い
2022年4月2日 14時20分

読了まで 153

ソニー LinkBudsの分解レポートが公開〜WF-1000XM4と搭載チップに違い

LinkBuds teardown_1


 
52Audioがソニー LinkBudsを分解し、搭載チップやバッテリーの仕様を報告しました。

搭載チップに、WF-1000XM4と微妙な違い

LinkBuds teardown_2
 
LinkBudsの充電ケースの内蔵バッテリーは基板にハンダ付けされており、コネクタ接続のWF-1000XM4と異なります。
 
LinkBuds teardown_3
 
基板には、「YY2953」の印字があります。
 
LinkBuds teardown_4
 
充電ケースの内蔵バッテリーは621733型リチウムイオン電池で、容量は300mAh/1.11Whです。
 
LinkBuds teardown_5
 
イヤーピースの内蔵バッテリーは固定用プラスチックで囲まれており、内部スペースよりも小さいものしか搭載できない構造になったとThe Walkman Blogは解説しています。
 
このバッテリーはZeniPowerのZ32Hで、仕様は3.85V、0.12Wh、約31mAhです。
 
LinkBuds teardown_6
 
イヤーピースを分解すると、特徴的なリングドライバーが確認できます。
 
LinkBuds teardown_7
 
LinkBuds teardown_8
 
イヤーピースの内蔵基板には、下記の部品が搭載されています。
 

    1. Bluetoothアンテナ
    2. MediaTek MT2822MA
    3. マイク
    4. 加速度センサー
    5. バッテリー正極接続端子

 
LinkBuds teardown_9
 
搭載されたチップはWF-1000XM4用のMT2822SAに似た品番ですが、LinkBudsのものはDACを内蔵していない可能性があるとThe Walkman Blogは推察しています。
 
LinkBuds teardown_10
 
 
Source:52Audio via The Walkman Blog
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる