iPadOS16、iPad Air2とiPad mini4がサポート対象外に

WWDC22 iPadOS16

WWDC22 iPadOS16
 
Appleは、iPadOS16の対応モデルを発表しました。iPad Proシリーズは全モデルが、スタンダードなiPadは第5世代以降がサポート対象です。

iPadOS16の対応モデル

Appleが世界開発者会議(WWDC22)で発表したiPadOS16の対応モデルは以下のとおりです。
 

  • iPad Pro(全モデル)
  • iPad Air(第3世代以降)
  • iPad(第5世代以降)
  • iPad mini(第5世代以降)

 
Apple iPadOS16 対応モデル
 

サポート対象外のモデル

iPadOS16では、以下のモデルがサポート対象から外れます。
 

  • iPad Air 2(販売期間:2014年〜2017年)
  • iPad mini 4(販売期間:2015年〜2019年)

 
スタンダードなiPadは、第5世代以降のモデルならiPadOS15と同様、iPadOS16でも利用可能です。
 
なお、複数アプリのウィンドウを重ねて表示できる「ステージマネージャー」は、M1搭載のiPad ProとiPad Airでのみ利用可能です。

iPad Pro以外は2017年以降のモデルが対応

なお、対応モデルの発売年は以下のとおりです。
 

  • iPad Pro
    • 12.9インチ:2015年
    • 9.7インチ:2016年
  • iPad Air(第3世代):2019年
  • iPad(第5世代):2017年
  • iPad mini(第5世代):2019年

 
 
Source:Apple
(hato)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

特集

目次