【速報】iPadOS16発表!複数ウィンドウを重ねて表示、M1のパワーをフル活用 - iPhone Mania
トップページ > iPad > 【速報】iPadOS16発表!複数ウィンドウを重ねて表示、M1のパワーをフル活用
2022年6月7日 04時24分

読了まで 253

【速報】iPadOS16発表!複数ウィンドウを重ねて表示、M1のパワーをフル活用

WWDC22 iPadOS16


 
Appleは現地時間6月6日、世界開発者会議(WWDC22)基調講演で、iPad用の次世代OS、iPadOS16を発表しました。複数ウィンドウを重ねて表示できるようになります。M1搭載のiPad Pro、iPad Airの性能を引き出せるメモリスワップも利用可能になります。

ステージマネージャ:複数ウィンドウを重ねて使用可能

iPadOS16では、「ステージマネージャ」としてマルチタスク機能が強化されます。M1チップを搭載したiPad ProとiPad Airで利用可能です。
 
WWDC22 iPadOS16
 
アプリのウィンドウサイズを自由に変更できるほか、ウィンドウを重ねて表示可能になります。
 
WWDC22 iPadOS16
 
同機能は、iPadを外部ディスプレイに接続して利用する場合も有効です。iPadで最大4つ、外部ディスプレイで最大4つ、合計最大8つのアプリを同時使用可能です。
 
WWDC22 iPadOS16
 

デスクトップのような操作体験

iPadOS16では、「ファイル」アプリで、拡張子の編集、フォルダサイズの確認などデスクトップのような高度な操作が可能になります。
 
WWDC22 iPadOS16
 
このほか、システム全体での取り消し(アンドゥ)や、ツールバーのカスタマイズといった操作も可能になります。
 
WWDC22 iPadOS16
 

iPad Proのディスプレイをリファレンスモニターに

iPadOS16では、「リファレンスモード」として、iPad Proの高精細なディスプレイをMacでの画像・映像編集時の色調整に活用できるようになります。
 
WWDC22 iPadOS16
 

M1搭載iPad Pro/iPad Airの性能を引き出す

M1搭載のiPad Air、iPad Proでは、画面表示の密度を変更可能になります。
 
WWDC22 iPadOS16
 
また、メモリのスワップができるようになり、高い負荷のかかるアプリの動作時には最大16GBのメモリを活用してスムーズな動作が可能になります。
 
WWDC22 iPadOS16
 

共同制作機能の強化

iPadOS16では、共有シートから複数人での共同作業が簡単にできるようになります。
 
WWDC22 iPadOS16
 
Pagesなどのアプリで、メッセージのグループを使って共同制作したいグループを簡単に追加し、一緒に編集できます。タブから共同制作に参加しているメンバーを確認可能です。
 
WWDC22 iPadOS16
 
Pages、Numbers、Safari、メモなどに対応するほか、サードーパーティー開発者向けにAPIも提供されます。iOSやmacOSでも利用可能です。

ブレーンストーミング用アプリでアイデアラッシュ

今年後半に公開予定の共同作業アプリ(英語名「Freeform」)は、FaceTime通話しながら写真やPDFなどの素材を取り込み、共有しながらアイデアラッシュやブレーンストーミングに活用できます。
 
WWDC22 iPadOS16
 
同アプリは、iOS、macOSにも提供されます。

ゲーム

iPadOS16では、Metal3に対応し、高速処理が可能になるほか、ダウンロード中にバックグラウンドでのプレイも可能になります。
 
WWDC22 iPadOS16
 
GameCenterのダッシュボードで、友達の達成状況を共有して競うこともできます。
 
WWDC22 iPadOS16
 
今年後半には、マルチプレーヤーゲームをSharePlayから楽しむことができるようになります。

正式版は今秋公開予定

iPadOS16は、開発者向けベータが本日、登録ユーザー向けパブリックベータが7月にそれぞれ提供されます。一般ユーザー向け正式版は今秋公開予定です。
 
WWDC22 iPadOS16
 
 
Source:Apple
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる