ティム・クックCEO、2021年の報酬はFortune500の中で2位 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > ティム・クックCEO、2021年の報酬はFortune500の中で2位
2022年5月29日 01時15分

読了まで 153

ティム・クックCEO、2021年の報酬はFortune500の中で2位

WWDC21 Tim


 
Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)の報酬は2021年、7億7,000万ドル(約978億円)だったことが分かりました。これはFortune500の企業の中では、Teslaのイーロン・マスクCEOに次ぐ高額な報酬となります。

基本報酬は300万ドルだが

Fortune誌によると、時価総額ランキングで上位に入っている企業をリストアップしたFortune500で、ティム・クックCEOの報酬は2位にランクインしました。
 
Appleの企業規模を考えれば、7億ドル超の基本報酬をクックCEOが貰っていても不思議ではありませんが、これには17億ドル(約2,160億円)相当の株式を10年に渡ってAppleから付与される特別ボーナスの一部が含まれています。
 
また、8,200万ドル(約1億420万円)相当の株式や63万630ドル(約8,000万円)の警備費用、71万2,488ドル(約9,000万円)のプライベートジェット費用なども支給されたことが分かっています。なお、ベースの報酬は300万ドル(約3億8,000万円)でした。

1位のイーロン・マスクCEOは桁が違った

もっとも、1位のイーロン・マスクCEOが2021年に得た報酬に比べれば、7億ドルという数字も可愛くみえます。マスクCEOは自身が経営するTeslaのストックオプションを行使し、235億ドル(約2兆9,860億円)にも上る天文学的な報酬を手にしました。
 
なお、3位にはNvidiaのジェン・スン・ファンCEO、4位にはNetflixのリード・ヘイスティングスCEOがランクインしており、テック企業の勢いが改めて目立つ結果となりました。
 
 
Source:Fortune,AppleInsider
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる