トップページ > 最新情報 > 就任10年のティム・クックCEO、報酬として826億円相当の自社株を獲得
2021年8月27日 01時24分

読了まで 143

就任10年のティム・クックCEO、報酬として826億円相当の自社株を獲得

ティム・クックCEO 2020年11月 AppleEvent


 
Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)が、就任10年にあたり自社の株式500万株の報酬を受け取る予定です。現在の株価で計算すると約826億円に相当します。

就任10年で500万株の報酬

CEO就任10周年を迎えたティム・クックは、就任10年後に自社株500万株を報酬として受け取る契約を結んでいます。
 
Appleの現在の株価から、クック氏が受け取る報酬額は約7億5,000万ドル(約826億円)に相当する、とBloombergが報じています。

クック氏のCEO就任から株価は1,100%の上昇

ティム・クック氏のCEO就任からの10年間で、Appleの株価は1,100%も上昇し、株価と発行株式数を掛け合わせた時価総額は2兆ドルを突破しています。
 
Appleの株価は、2021年だけでも12%の上昇を記録しています。
 
Apple 株価 AAPL
 

収入の多くを寄付しているクック氏

ティム・クックCEOは現時点でも15億ドル(約1,650億円)相当のApple株を保有していることも分かっています。
 
クック氏は、自身の給与と報酬の多くを慈善団体に寄付していることでも知られ、2020年には5億円以上に相当するApple株を慈善団体に寄付しています。
 
 
Source:Bloomberg
Photo:Yahoo! Finance
(hato)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる