2022年1月8日 11時00分

読了まで 146

Appleのティム・クックCEOの2021年度報酬は約114億円

ティム・クックCEO 2021年9月 AppleEvent


 
海外関連メディアのMacRumorsは現地時間1月6日、Appleの最高経営責任者()の2021年度(2020年10月~2021年9月)の報酬は約9,870万ドル(約114億円)だったと報じました。

クックCEOの報酬は約114億円

Appleが米国証券取引委員会(SEC)に提出した資料によると、ティム・クックCEOは2021年度の報酬として、約9,870万ドル(約114億円)を得ました。
 
報酬の内訳では、給料が300万ドル(約3億4,000万円)、業績報酬が1,200万ドル(約13億9,000万円)で、大部分は約8,200万ドル(約94億円)相当の株式報酬となっています。
 
また、Appleの取締役会は、警備上の理由からクックCEOに空路移動にプライベートジェットを使用するよう求めており、報酬には航空関連費用71万ドル(約8,200万円)や警備費用63万ドル(約7,300万円)等も含まれています。
 
さらに、クック氏は2021年にCEO就任10周年を迎え、過去の契約に基づき約7億5,400万ドル(約872億円)相当のApple株式500万株を別途受け取りました。
 
なお、最高財務責任者(CFO)のルカ・マエストリ上級副社長等の複数の役員には、2021年度報酬として2,700万ドル(約31億円)程度が提供されています。
 
 
Source:Apple via MacRumors
(seng)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる